HOME > BLOG > 2014年5月

BLOG - 2014年5月

BLOG - 2014年5月

DELIVERY INFO

2014.05.22 UPDATE  |  NEWS
0519SHIRT01.jpg

-BackChannel-GINGHAM CHECK HALF SLEEVE SHIRT / PURPLE


0519SHIRT02.jpg
GREEN


ghhg.jpg
NAVY





0519bkcnk01.jpg
-BackChannel-LEAF T / WHITE


0519bkcnk02.jpg
SAXE


0519bkcnk04.jpg
GREEN



0519bkcnk03.jpg
BLACK


0519TANK01.jpg
-BackChannel-ONE POINT TANK TOP / SAXE


0519TANK05.jpg
WHITE


0519TANK04.jpg
MIX GREY


0519TANK02.jpg
GREEN


0519TANK03.jpg
BLACK



0519linen01.jpg
-BackChannel-COTTON LINEN EASY SHORTS / BLUE


0519linen02.jpg
BEIGE


0519linen03.jpg
O.D.


0519linen05.jpg
NAVY


0519grauw01.jpg
-BackChannel-GRADATION CHECK UNDERWEAR / ORANGE


0519grauw02.jpg
TURQUOISE


0519lfuw02.jpg
-BackChannel-LEAF UNDERWEAR / BLACK


0519lfuw01.jpg
WHITE


0519oduw01.jpg
-BackChannel-OUTDOOR LOGO UNDERWEAR / GREEN


0519oduw02.jpg
TURQUOISE


0519oduw03.jpg
ORANGE


0519gluw01.jpg
-BackChannel-BC LION UNDERWEAR / BLACK



店頭、オンライン共に5/23(金)12:00より販売開始。
ご来店、ご注文お待ちしております。

Teebs (from BRAINFEEDER) Uncut Interview at KATA gallery. April 2014.

2014.05.22 UPDATE  |  NEWS
いよいよ、明日に迫った [ BRAINFEEDER 4 ] at 新木場ageHa に出演するTeebsのノーカット・インタビューを公開!
かなり彼のパーソナリティー、メンタリティーに肉迫した内容となっているので必見です!



- Teebs(from BRAINFEEDER)Uncut Interview at KATA gallery. April 2014. -


_U2C0942ss.jpg


Q:Can you briefly tell us about your background and influences?

まずは君のバックグラウンドと、影響を受けたものについて聞きたいな。

Teebs ("T"):
I was born in New York to parents from Malawi and Barbados. My brother and I are first generation US-born kids in my family. My elder brother was heavily into music and art, so he really turned me on to a lot of that stuff. We moved to LA after bouncing around the east coast a little bit, where I found skateboarding. Figures like Mark Gonzalez, Ed Templeton and Ray Barbee really showed me the way in terms of the whole perspective and mentality behind self-expression - it was all about being yourself. That's what really got me going. Also being in LA, I was able to learn a lot about music. I was also really into skateboarding videos at the time too.

僕はNYで生まれたんだけど、両親はマラウイとバルバドスの出身だよ。僕と僕の兄は家族の中で初めてアメリカで生まれた世代なんだ。兄は音楽やアートに非常に造詣が深くて、彼はすごく多くの部分で僕に影響を与えてくれた。東海岸を転々とした後、LAに引っ越してスケートボードに出会ったんだよ。マーク・ゴンザレス(Mark Gonzalez)やエド・テンプルトン(Ed Templeton)そしてレイ・バービー(Ray Barbee)、彼らは僕に自己表現の精神や、物事の全体像みたいなもの教えてくれた。それって、自分自身でいる、という事でもあるんだ。そういうスピリットが僕を駆り立てたんだよね。あとLAに来てからはたくさんの音楽を学ぶ事ができたし、スケートボードのビデオにもとてもはまってたな。

Q:
The skaters you mentioned are multi-talented in the sense that they are also artists and/or musicians. Many of them really embody the Do-It-Yourself ("DIY") spirit in their works. Has this mentality also influenced your work and general perspective?

君の挙げてくれたスケーターたちは幅広い才能があって、アーティストやミュージシャンとしても活動しているよね。彼らの多くはDIYスピリットみたいなものを自分たちの作品の中で具現化しているけど、そういうメンタリティは君の作品や君の視点に影響を与えたのかな?

T:
Very much so. Doing things on your own and seeing what you can do with what you're given is something I've always been a fan of. Especially growing up in a small town being reserved and far away from life and a lot of movement as a teenager, you really have to blossom on your own. In that sense, those guys I mentioned (Mark Gonzalez, Ed Templeton and Ray Barbee) really spoke to me

うん、すごく。自分自身で行う事と自分が与えられたもので一体何ができるのかって事に興味があったんだ。特に、小さな街で育ったりすると、若い頃のいろんなムーブメントやカルチャーに接する事ができないから、自分自身で何か楽しい事をやらないといけない。そういう感性を彼らは僕に伝えてくれたんだよ。

Q:
Did you actually skate?

スケートボードはやってたの?

T:
Yea - for 10 years! Growing up, I was also watching skate videos fuckin non-stop. The only reason I stopped is that I was kind of scared of handrails. Lip-slides are fuckin scary - I don't like it! (laughs). I just couldn't do it. There was a time I got hurt, I cut my Achilles tendon and I had to be on a (wheel) chair for a little while - at the time my brother was into rapping and I would be the little brother making beats for him to rap to. We had programs like fruity-loops so I was toying around making beats. But when I got injured and started getting more into it, I realized that it gave me the sense of freedom that skateboarding did - going back-and-forth with your object. So in retrospect, I guess it was a happy accident.

うん。10年はやってたよ! とにかくずーっとスケートのビデオを見てた。僕がスケートをやらなくなっていった理由はただ1つ、ハンドレールで怪我をするのが恐ろしくなった。リップスライドってマジで恐ろしいじゃん、僕は好きになれない(笑)。以前、大きな怪我をしたことがあって、アキレス腱を切っちゃったんだよね。その時は車椅子から立ち上がれなかった。 その時に兄貴がラップをやっていたから、彼がラップするトラックを作ったんだ。

Fruity-Loops(リズムマシンとして開発されたWindowsのソフト)みたいなものを持っていたから、それで遊んでいたんだよね。だけど、大怪我した後、それまでよりも集中してビートを作るようになって、スケートボードをやるのと同じような自由な感覚を感じられることに気付いたんだ。今思うと大怪我したけど、それはすごく良いアクシデントだったみたいだね。

Q:
You spoke about individuals that influenced you - what are your inspirations from daily life?

君に影響を与えた人物のことを話してくれたけど、普段の生活からはどんなインスピレーションを受けるのかな?

T:
Basically finding balance between all sorts of emotions and being able to express that by boiling it down into an essence. Take anger for example - there's not much of that dominating my music, but someone with that kind of emotion will probably be able to find a bits of that in there too. The search and hunt for understanding the optimal balance really gets me going.

基本的に色んな感情が混じり合うバランスを探して 、それを表現として形に出来るように煮詰める感じだね。僕の音楽には支配的ではないけれど、例えば"怒り"を持ち合わせて作っているような人のものからはそういう要素を感じることが出来るだろうね。そういう風に感情の混じり合う良い中間地点を探し出すことがモチベーションになってるね。

Q:
It's interesting you mentioned anger - the impression we get from listening to your music is that it's really at peace and it doesn't involve a lot of the violence or rebellious nature involved in other sub-cultural genres of music - why do you think that is?

"怒り"に言及したのはとても興味深いね。君の音楽を聴いている印象としてはとても穏やかで、他のサブカルチャラルな音楽のジャンルにあるような暴力とか反抗的な性質は感じないけど、どうして怒りに言及したんだろう?

T:
I guess partly due to personal life issues. Seeing a lot of weird and negative shit in my family like schizophrenia, I just didn't really want to put that out there. My work is more an escape from all that stuff, rather than showcasing it. I have nothing against artists expressing anger in their works, but my early work and what I'm putting out right now is not really like that. Maybe in the future, when I can come to terms with all that, some of that anger may be expressed more in my work - you really can't run away from it forever.

きっと部分的には僕の人生からきているだろうね。家族の中で多重性人格障害とかそういうネガティブで悲しいことを沢山見ているから、そういう感情をあまり表現したくないんだよね。僕の音楽はそういう感情を表現することよりも逃避としての意味合いが強いんだ。怒りを表現として作品に反映させているアーティストに対して反対するとかいうのはないけど、ただ僕の前の作品と今こうして出している作品はそういう風なものではないんだ。もし気持ちの整理が将来ついたら、そういう怒りとかを作品で表現できるかもしれないね。いつか向き合わないといけないだろうからね。


_U2C0920ss.jpg


Q:
You mentioned your early influences - who are you a fan of now, and who really influences you right now?

幼い頃からの影響について話してもらったけど、今は誰のファン?誰から強い影響を受けるのかな?

T;
I could throw a whole bunch of names out, but more in a general sense, I always admire "well-rounded" people who are dedicated to whatever they are doing, and showcasing a sense of freedom. I remember watching the video of Salvador Dali visiting New York. He has a Michelangelo (?) statue with people lying on its side. And then he jumps on it and pushes it onto the street - he's really showing that sense of freedom and really making his point - "who cares?" Anytime people do stuff like that, I always fall in love with it.  

かなり沢山名前を挙げることはできるけど、ざっくり言うと自分のやっていることに誠実で、自由な感覚で表現している才能豊かな人は特に尊敬しているね。サルバドールダリがニューヨークに行くビデオを見たのを覚えてるんだけど、ニューヨークの街中の沢山の人がいる中でミケランジェロ像に飛び乗って、どこかに押し運んでいたんだよ。それって 自由な感覚で表現をしていると思うし、言いたいことをはっきり言ってる。"なんでもいいじゃん。"ってね。そういう事を誰かがやってると、好きにならずにはいられないね。

Q:
We noticed that you have been experimenting with more collaboration in your most recent album, "Estara". One track that clearly stood out to us was "Wavxxes" featuring Lars Horntveth - what do you seek out of collaborations, and do you intend to do more in the future

最新作の"Estara"ではコラボレーションを多く試みているね。Lars Horntvethとの"Wavxxes"は特に強く印象に残ってるんだけど、コラボレーションを通してどういうことを期待している?将来的にもっとやろうと考えているのかな?

T:
I would definitely like to work on more collaboration in the future. Collaborating is a great way to reach further - it's kind of like an extension of your own hand, stemming with someone else. People I pick out are people I really admire and respect. Definitely would like to work more with Lars and Prefuse 73. Basically, I'm a big fan of everyone on my record.

コラボレーションは絶対に将来的にもっとやりたいね。コラボレートすることは更に先まで行くのにすごくいい方法なんだ。自分の腕の延長が他の人のと一緒になっているようなもんだよ。僕が選んでる人達はみんな尊敬している人達だよ。LarsとPrefuse73とは絶対にもっと一緒にコラボしたいね。僕のレコードに参加してくれたみんなは僕も大きなファンだからね。

Q:
Does the same concept of collaborations apply to your artwork?

アートワークに関しても同じようにコラボレーションのコンセプトなのかな?

T:
The same concept applies, but I guess not as much. I had collaborations with a few friends for my most recent show - Jeff Jank, for instance, is a guy I've collaborated with - he's the illustrator for the "Quasimoto" (Madlib) characters. He's an awesome dude. In terms of art, I would like for collaborations to be with like-minded friends in the same scene, as well as people I grew up with that do art. I generally like to keep in in-house and bounce ideas, challenge each other through collaborations.

同じコンセプトだけど、音楽ほどは求めていないかな。直近のショーでは友達数人とコラボレーションしたね。Jeff JankっていうQuasimoto(Madlib)のキャラクターを描いているイラストレーターとかね。彼も最高なやつだよ。アートに関しては、同じシーンで似たようなマインドを持った友人とか、アートをやる一緒に育ってきた人達とのコラボレーションが良いな。基本的にグループ内で完結させて、アイディアのやりとりをしたりして、コラボレーションを通してお互いを高め合うのが良いね。


Q:
Let's talk a little bit about the current scene in L.A. - Brain Feeder being a great example; we see a lot of independent labels coming out of L.A. not only being very successful but also maintaining creative control. What is the scene like, and what do you think is it about L.A. that is encouraging this movement?

現在のLAシーンについてもう少し話してもらおうかな。Brainfeederはとても良い例だけど、LAから出てきているインディペンデントレーベルがただ成功しているだけでなく、クリエイティブなコントロールを維持しつつ成功しているのを沢山見かけるね。シーンはどんな感じなのかな?LAの何がムーブメントを刺激していると思う?


T:
It's really beautiful - everyone is extremely connected in a very strong community. You'll see various label heads hanging out with each other all the time. We all know each other and we've all spend quite a lot of time with each other. It's a big scene, but everyone is rotating around the same hot spots pretty much, so it's easy to know everyone. One reason behind labels from LA doing well is that they really receive support from everyone else. People are always giving feedback, introducing people and supporting each other - it's really like a close family. As for Brainfeeder, Flying Lotus originally wanted to start the label. Usually in L.A., once your music starts receiving attention like Flying Lotus, many of the bigger labels start showing interest. Flying Lotus really wanted to keep it in the family and not let anyone take that away from him, or have his music watered down. He wanted artists like him in LA to have their own platform
to express their freedom.

本当に素晴らしいことだよ。LAはとてもしっかりとしたコミュニティで、みんな幅広く繋がっているよ。色んなレーベルの幹部が一緒に過ごしているのを見かけるのは日常的で、お互いの事をみんな知ってるし、かなり多くの時間を一緒に過ごすよ。大きなシーンだけど、だいたい同じようなクラブを中心として活動してるから、自然と知り合いになるんだよね。LAの多くのレーベルが成功している一つの要因としては他の人達からサポートを沢山受けるからだろうね。いつもフィードバックを返し合ってるし、人を紹介したりして互いを支えあっていて、本当に近しい家族みたいな感じなんだ。Brainfeederに関してはFlying Lotusがもともとレーベルを始めたかったんだよね。普通LAでFlying Lotusみたいに自分の音楽が認知され始めると、大きいレーベルが興味を示してくるんだよ。でも、Flying Lotusは身内の中で留めたかったんだ。そのコミュニティを誰かに取り上げられたくなかったし、彼自身の音楽が薄められてしまうのも嫌だったんだ。LAにいる近しいアーティスト達自身の自由な表現のためのプラットフォームが欲しかったんだ。


_U2C0949ss.jpg


Q:
This is kind of random - do you listen to your own music when you paint?

これはランダムな質問なんだけど、絵を描くときに自分の音楽は聴くの?


T:
I would mostly be listening to other people's music, but I guess an exception would be when I am working on music and art simultaneously. When I would be stuck with making a track, I would let the loop run and do some paintings and come back to the music and bounce around.

大体は他の人の音楽を聴いているよ。例外があるとしたら、音楽とアート両方一緒にやっているときかな。トラックを作るのに行き詰ってる時は、ループを流しっぱなしにして、いくつか絵を描いてから音楽に戻って、またやる感じだね。

Q:
You use 12" as canvases for your artwork - are you always crate digging for materials?

アートワークに12インチレコードの表紙をカンバスとして使ってるよね。素材はレコード屋でいつも探しているのかな?


T:
I go to all the stores in L.A. The warped vinyl and the water-damaged vinyl - basically the cheap-ass shit always works best. I would usually just look for the worst shit or the cool stuff I like that seems to be misplaced. There was one where Jermaine Jackson was trying to dress up like Michael with a perm and everything (laughs). It's really a beautiful process - sampling and making beats is basically the same process, re-translating it into a different form.

LAにある店は全部行くよ。歪んだものとか水で傷んだものとか基本的に安いものが一番良いよ。大体いちばん見栄えが悪いやつか置き間違えられてる格好いいやつを探すね。一度Jermaine Jacksonがパーマとかしてマイケル(ジャクソン)みたいな格好しようとしたのを見つけた事もあったね(笑)。
とても美しいプロセスだよ。サンプリングとかビートを作ったりするのと基本的には同じで、新しい形に再生するというプロセスなんだ。

Q:
What are your impressions of Japan?

日本の印象はどう?


T:
I've stayed mostly in Tokyo, but I've also been to Kanazawa and Osaka. This time I'll go to Kyoto so I'm excited for that. I'd really love to go to Sapporo and Hokkaido in the future. It's fuckin great here - the food is fuckin stupid (amazing), I'm literally crying (when I eat here)! My mom's from an island - seafood has always been a part of my life. The experience is always great - the people are so kind, even to an asshole like me that doesn't speak the language. I think people in Japan have a strong understanding of my work. I'm also a huge fan of the anime. When I first moved to California, I lived in Monterey Park, which was dominated by a big Chinese population. A lot of my friends in the area knew about anime and loved it - so I always grew up with anime.

ほとんどずっと東京に滞在したことばかりなんだけど、金沢と大阪にも行った事はあるよ。今回は京都に行くから、それは楽しみだね。北海道とか札幌とかにはいつか必ず行きたいね。ここは本当に最高だよ。食べ物は馬鹿みたいに美味しくて、いつも日本で食事すると涙が出るよ。母が島の出身だから魚介類はずっと食生活の一部だね。ここでの経験はいつも良いものしかないよ。僕みたいなやつが日本語喋れなくても人はみんな優しい。日本の人たちは僕の作品を深く理解していると思うよ。それと、僕はアニメが大好きなんだ。カリフォルニアに初めて引っ越しした時、モントレーパークに住んでいたんだけど、そこは中国人だらけなんだ。その時の友人達がアニメを知っていて大好きだったんだよ。そのころから、ずっとアニメ見ながら育って来たよ。

Q:
What are some of the anime you enjoy?

好きなアニメをいくつか挙げてもらえる?

T:
I'm into a lot of the big shit - "Naruto", "One Piece", "Berserk" and "Paprika" just to name a few. Anime is cool as fuck.

有名なやつは特に好きだね。いくつか挙げるとしたら、"ナルト" "ワンピース" "ベルセルク" "パプリカ" かな。アニメは本当にクールだよ。

Q:
You have a visit with other Brainfeeder artists coming up in May - what are your hopes for that?

5月にはBrainfeederのアーティストの方々との来日が控えてるね。 どんな所が楽しみ?


T:
It's a great blessing - I just hope not to die (laughs). Next time I'll be with good friends that are crazy like Flying Lotus, Thundercat and Mono/Poly. Once we get together, it's a tremendous explosion of energy, and we feel loose being away from home. I really the show will be amazing. Hopefully, Thundercat and I can find some cool toys and random shit we can buy. I'm looking forward to the live painting too.

本当に光栄なことだよ。死んだりしないといいけど(笑)。来月はFlying Lotus, Thundercat, Mono/Polyみたいなクレイジーな友達と一緒に来れるから、すごいエネルギッシュになると思うし、地元から離れて解放的な気分になるだろうね。素晴らしいショーになると思うよ。出来れば、Thundercatと僕でなんか面白そうなオモチャとか適当なものを買いに行けたらいいな。ライブペインティングも凄く楽しみだよ。



Q:
Tell us about your future goals and ambitions.

これからの目標や取り組みたいことを教えてもらえるかな?


T:
I want to keep working on new paintings and music. My previous albums, "Audora" and "Estara" were sort of in their own realm - I want to change the way I write music and challenge myself to new things. Right now, I'm working on music in a band setting so that's something new. I want to explore making more obscure records and express different types of emotions. Clothing is also something I'm trying to do - this summer, "OBEY" is putting out 3~4 shirts of my designs. I definitely want to get more into clothing.

絵と音楽にはずっと取り組み続けたいな。僕の前のアルバム、"Audora"と"Estara"はそれ自体の範疇に収まってたと思うから、音楽の作り方も変えたいし、新しいことに挑戦しようと思ってるよ。今は、バンドセットでの音楽を作ってるから、それもまた新しいことだし、もっとぼんやりした感じの作品を作るのも推し進めて、色んな感情を表現したいよ。洋服も新しく始めようとしている事の一つだね。夏には"OBEY"が3、4着は僕がデザインしたものを出すよ。洋服は絶対にもっと取り組みたいね。



Q:
Any last words to your fans in Japan?

最後に日本のファンの方々に一言どうぞ。


T:
Bring me onigiri (laughs) - I really love it! I'm a freak about it - It's the first thing I ate when I got here and it's got me shedding tears (laughs).

おにぎり持って来て!(笑)本当に大好きなんだよね!オニギリフリークなんだよ。初めて日本に来たときに最初に食べたもので感動して涙を流しちゃったよ。(笑)


_U2C1171ss.jpg

Interview & Translation :
Daimon Panjabi
Kenshiro Ando
Kaoru Ando

All photo :
Kouichi Nakazawa(ZENI.)

Special thanks :
OLLIE MAGAZINE

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

BF4_Flyer3rd.jpg
 
BRAINFEEDER 4

2014.05.23 FRI @ 新木場ageHa
open/start:22:00
前売チケット: ¥5,500
※20歳未満入場不可。必ず写真付き身分証をご持参ください。You must be 20 and over with photo ID.

Featuring.
FLYING LOTUS
CAPTAIN MURPHY
THUNDERCAT
TEEBS
TAYLOR MCFERRIN
MONO/POLY

会場でしか買えないスペシャル・グッズの詳細を発表!
史上最大スケールで開催されるレーベルパーティ【BRAINFEEDER 4】のタイムテーブルを発表! オープン直後から最後まで怒涛の狂宴が続く[ARENA]、ブレインフィーダーお墨付きの選ばれし日本人DJ達による[BOX(テント)]、追い打ちをかけるのは、未だ詳細が明かされていないBRAINFEEDER DJsによる熱狂のプールサイド[WATER]にはARENAの出演陣も参加するかも!? さらにティーブスによるライブ・ペインティングや秘蔵映像などを盛り込んだ[BRAINFEEDER on FILM]など、まさに息つく暇もない濃厚な一夜!
また会場では、人気ブランドBack ChannelとのコラボTシャツを始め、CDやアナログはもちろん、会場限定アイテムを含めたレーベル・グッズやアーティスト・グッズを販売する[BRAINFEEDER POP-UP SHOP]も登場!グッズの一部を公開!こちらのスペースでは、今後発売が予定されているモノ・ポリーとマシューデイヴィッドの最新アルバムを世界最速でフル試聴できるリスニング・ブースの設置も決定!
さらに、このイベントのためにブレインフィーダーが用意したスペシャル・コンピレーションがついにリリース!出演するブレインフィーダー・アーティスト全員から楽曲を集め、初のオフィシャル・リリースとなるキャプテン・マーフィー「The Prisoner (Prod. Teebs)」やサンダーキャットの「Bowzers Ballad」、さらにモノ・ポリーとティーブスの未発表楽曲を含む全13曲を収録!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遂にタイムテーブルが発表!!
TIMETABLE:
ARENA[ Main Stage ]Brainfeeder Live
22:00- SIMI LAB
 22:40- TEEBS
 23:30- TAYLOR MCFERRIN
 00:30- THUNDERCAT
 01:15- CAPTAIN MURPHY
 02:15- FLYING LOTUS
 03:30- MONO/POLY
 04:15- SEIHO

BOX[ Japanese DJs Stage ]
curated by Brainfeeder
23:00- OKADADA
 00:15- QUARTA 330
 01:30- GOTH-TRAD
 02:45- DJ SARASA
WATER[ Brainfeeder DJs ]
22:30 - 04:00
詳細TBA
ISLAND[ Brainfeeder on Film ]
 詳細TBA  
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

MERCHANDISE: 
当日は-BackChannel-BRAINFEEDER Tの会場限定スペシャルVer.が販売される事が決定!!
こちらもお見逃しなく!!

140519BR1.jpg140519BR2.jpg

¥3,000-(W/T)


また、BWB LIMITEDでは-BackChannel-BRAINFEEDER Tも発売中!! 


140519BRB.jpg140519BRC (1).jpg


-BackChannel-BRAINFEEDER T


こちらもお見逃しなく!!


TICKET INFORMATION :

先行チケット絶賛販売中!

BEATKART(shop.beatink.com

BEATKART限定!アートワーク・チケット!

・イープラス (http://eplus.jp)

・tixee (https://tixee.tv) - eチケ

・チケットぴあ (http://t.pia.jp : P 225-408)

・ローソンチケット (http://l-tike.com : L 72290)


店舗販売 :

disk union

・渋谷クラブミュージックショップ  http://diskunion.net/shop/ct/shibuya_club

・新宿クラブミュージックショップ  http://diskunion.net/shop/ct/shinjuku_club

・下北沢クラブミュージックショップ  http://diskunion.net/shop/ct/shimokitazawa_club

・吉祥寺店  http://diskunion.net/shop/ct/kichijyouji

BACKWOODS BOROUGH  http://www.backwoodsborough.com/

TIME 2 SHOCK

FAN  http://fantwothirds.com/

RAUGH of life by Real jam  http://raugh.jp/docs/index.htm

LOW BROW  http://www.kiwa-group.co.jp/shop2/1346301029

BUMBRICH  http://bumbrich.biz/

NEW PORT  http://newport1999.com/

0.2.6  http://www.zeroniroku.net/


INFORMATION

BEATINK : 03-5768-1277 / info@beatink.com

BRAINFEEDER : http://www.brainfeedersite.com/


主催 : SHIBUYA TELEVISION

企画/制作 : BEATINK

協賛 : BACK CHANNEL



イベント特設ページはこちらから → http://www.beatink.com/Events/Brainfeeder4/


ITEM FOCUS (BC×MEI GHOSTLION CAMO CORDURA TOTE BAG)

2014.05.21 UPDATE  |  NEWS
mei009.jpg




現在、BackChannelより-BackChannel-BC×MEI GHOSTLION CAMO CORDURA TOTE BAGが2色展開でリリース中。



140520MEI12A.jpg
MEI(MOUNTAIN EQUIPMENT INC):

1973年、カリフォルニア州で設立。
設立当初は、バックパッキングの為のエキップメントや、テントのデザイン、生産から販売までを手がけていたが、1976年頃にMEIが市場で初めて"TRAVEL PACK"という従来のショルダーバッグやキャリーバッグに装備されたショルダーストラップをつけることで、バックパックとして使用できる2WAYバックを販売し始め、アウトドアギアの先駆者としてアメリカを代表する地位を確立。


mei001.jpg
表側全面にはBackChannelオリジナルのOUTDOOR LOGOのプリントが入り、中央部分にはポケットが付属。


140520MEI12.jpg






mei002.jpg
全面にもBackChannelオリジナルのOUTDOOR LOGOのプリント仕様。


mei006.jpg
ボディにはBackChannelオリジナルのGHOSTLION CAMOをプリントした、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維"CORDURA"を使用。

mei005.jpg
CORDURAは摩耗、引き裂き、すり切れに強く、液体汚れから製品を保護するTeflon加工が施してある点も魅力。



140520MEI12AB.jpg
同じCORDURAを使用したアイテムでは、BC×BULLET MULTI PORCH , BC×BULLET PASSPORT CASEもリリース中。
色を合わせてコレクションしてみるのもお勧め。


140520MEI12ABC.jpg
優れた素材を使用し、オールシーズン活躍してくれる-BackChannel-BC×MEI GHOSTLION CAMO CORDURA TOTE BAG
ぜひ試してみてください。

Restock (BackChannel)

2014.05.21 UPDATE  |  DELIVERY INFO
-BackChannel-
AMSTERDAM SNAP BACK
COLLEGE LOGO RAGLAN 70% T
PLAYING CARDS T
CHINO SHORTS


2014001.jpg  2014002.jpg
2014005.jpg   2014003.jpg


完売、サイズの欠けていたがアイテムが少量のみ再入荷。
是非この機会をお見逃し無く。

Welcome to BWB (K-BOMB)

2014.05.20 UPDATE  |  NEWS
140519KBOMB12.jpg
-K-BOMB- BLACK SMOKER RECORDS


ARCHIVE

2018年

 ・2018年7月 (24)
 ・2018年6月 (45)
 ・2018年5月 (41)
 ・2018年4月 (46)
 ・2018年3月 (51)
 ・2018年2月 (42)
 ・2018年1月 (37)

2017年

 ・2017年12月 (46)
 ・2017年11月 (45)
 ・2017年10月 (45)
 ・2017年9月 (46)
 ・2017年8月 (42)
 ・2017年7月 (39)
 ・2017年6月 (38)
 ・2017年5月 (40)
 ・2017年4月 (40)
 ・2017年3月 (42)
 ・2017年2月 (38)
 ・2017年1月 (36)

2016年

 ・2016年12月 (44)
 ・2016年11月 (46)
 ・2016年10月 (48)
 ・2016年9月 (50)
 ・2016年8月 (46)
 ・2016年7月 (46)
 ・2016年6月 (45)
 ・2016年5月 (53)
 ・2016年4月 (48)
 ・2016年3月 (45)
 ・2016年2月 (43)
 ・2016年1月 (41)

2015年

 ・2015年12月 (49)
 ・2015年11月 (46)
 ・2015年10月 (49)
 ・2015年9月 (49)
 ・2015年8月 (41)
 ・2015年7月 (48)
 ・2015年6月 (53)
 ・2015年5月 (52)
 ・2015年4月 (54)
 ・2015年3月 (51)
 ・2015年2月 (38)
 ・2015年1月 (35)

2014年

 ・2014年12月 (56)
 ・2014年11月 (61)
 ・2014年10月 (56)
 ・2014年9月 (46)
 ・2014年8月 (48)
 ・2014年7月 (56)
 ・2014年6月 (45)
 ・2014年5月 (54)
 ・2014年4月 (53)
 ・2014年3月 (46)
 ・2014年2月 (45)
 ・2014年1月 (36)

2013年

 ・2013年12月 (46)
 ・2013年11月 (49)
 ・2013年10月 (57)
 ・2013年9月 (53)
 ・2013年8月 (57)
 ・2013年7月 (46)
 ・2013年6月 (55)
 ・2013年5月 (53)
 ・2013年4月 (47)
 ・2013年3月 (52)
 ・2013年2月 (48)
 ・2013年1月 (38)

2012年

 ・2012年12月 (48)
 ・2012年11月 (45)
 ・2012年10月 (52)
 ・2012年9月 (51)
 ・2012年8月 (47)
 ・2012年7月 (42)