HOME > BLOG > DELIVERY INFO

BLOG - DELIVERY INFO

BLOG - DELIVERY INFO

MAY 4TH WEEK DELIVERY 2 (BackChannel)

2018.05.26 UPDATE  |  DELIVERY INFO

-BackChannel-

BLANTESS H/S SHIRT

LOGO POCKET T

COMFOR FIT V-NECK T

ORGANIC LOGO MESH CAP

BACK CHANNEL × CROAKIES GLASS STRAP

180522delibc1.jpg180522delibc2.jpg180522delibc3.jpg180522delibc4.jpg180522delibc5.jpg

Restock (BackChannel)

2018.05.23 UPDATE  |  NEWS

サイズの欠けていたアイテムが少量のみ再入荷。

-BackChannel-

MONEY T (BLACK / M)

CHINO SHORTS(REGULAR FIT)(NAVY / XL)

20180516002.jpgrestock02.jpg

お見逃し無く。

MAY 4TH WEEK DELIVERY (BWB MUSIC)

2018.05.23 UPDATE  |  NEWS

180317BWBM1.jpg

BACKWOODS BOROUGH MUSICに新たなタイトルが入荷。

SFP0523001.jpg

-STRUGGLE FOR PRIDE- we struggle for all our pride

日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するハードコアパンクバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。 1993年に結成し、その後、数回の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。精力的なライブ活動を行う傍ら、楽曲制作をスタート。

2006年にリリースされたファースト・アルバム『YOU BARK WE BITE』以来( 4月25日(水)にavex/cutting edgeより追加録音を施した再発盤がリリース)、12年振りとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』は、現在のバンドメンバーであるフロントマンの今里、ギターのグッチン、ベースのヤンクン、ドラムの陽(ex.BREAKfAST)からなる4人編成でレコーディングを敢行した。

近年のライブでも披露しているオリジナルの新曲に加え、 EGO-WRAPPIN'の中納良恵をボーカルに迎えたBenny Singsのカバー「MAKE A RAINBOW」、『YOU BARK WE BITE』と2009年にリリースしたEP『CUT YOUR THROAT.』にも参加しているカヒミ・カリィをボーカルに迎えたTHE BRUISERSのカバー(原曲は Billy Joel)「YOU MAY BE RIGHT」など、全15曲を収録。

CDは2枚組BOX仕様で、DISC1には最新アルバム音源、 DISC2には初のライブ音源( 2017年8月6日(日)at TSUTAYA O-WEST『METEO NIGHT 2017』)を収録。『METEO NIGHT 2017』 は ECDのラストステージであり、ライブ盤にも力強い声が収められている。

-TRACK LIST-【DISC1】
1. CHANGE THE MOOD / STRUGGLE FOR PRIDE
2. 全ての価値はおまえの前を通り過ぎる / STRUGGLE FOR PRIDE feat.小西康陽,HATE from MOONSCAPE
3. FALSEHOOD / STRUGGLE FOR PRIDE
4. HOW CAN YOU STOMP / DJ HIGHSCHOOL
5. ALAMO TRIP / BUSHMIND
6. IT WAS A WAR EVERYWHERE / STRUGGLE FOR PRIDE
7. WATCHING HER SWAY / DJ HIGHSCHOOL
8. ALLDAY WANDER / BUSHMIND
9. YOU MAY BE RIGHT / STRUGGLE FOR PRIDE feat.KAHIMI KARIE,大野大輔,BBH
10. NOTHING TAKES THE PLACE OF YOU / STRUGGLE FOR PRIDE feat.杉村ルイ,OHAYO MOUNTAIN ROAD
11. SONG FOR PRISONER / DRUNK BIRDS
12. HERE COMES THE NIGHT / STRUGGLE FOR PRIDE
13. MAKE A RAINBOW / STRUGGLE FOR PRIDE feat.中納良恵
14. WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE / STRUGGLE FOR PRIDE
15. TRUE TO MY TEAM / FEBB

-TRACK LIST-【DISC2】
RECORDED AT THE ON AIR WEST SHIBUYA TOKYO ON THE 6TH AUGUST,2017 feat.ECD

PROFILE:
1993年結成のハードコアパンクバンド。メンバーはヴォーカルの今里、ギターの グッチン、ベースのヤンクン、ドラムの陽。2006年に初のアルバム『YOU BARK WE BITE』を、2009年にEP『CUT YOUR THROAT.』をリリース。その楽曲に、カヒミ・カリィ、NIPPS、STARRBURSTらをフィーチャーしながら、ハードコアパンク本来の実験的か つフリーフォームな表現を継承した先鋭的な音楽性は、ハードコアのみならず、ヒップホップ、レゲエ、エレクトロニックミュージックなど、進化、多様化する 東京のアンダーグラウンドにあって、際立った存在感を放っている

SFP0523002.jpg

bounce最新号では、STRUGGLE FOR PRIDEの今里氏のインタビューが掲載。

SFP0523006.jpg

こちらも合わせてチェックして見て下さい。

MAY 3RD WEEK DELIVERY 2 (BackChannel)

2018.05.19 UPDATE  |  NEWS

GREEN & CONCRETE T

BORDER T

APP LOGO T

APP LOGO SNAP BACK

CORDURA® CHINO SHORTS

BACK CHANNEL × LEATHERMAN® SKELETOOL KBx

180514DELI192.jpg180514DELI194.jpg

180514DELI193.jpg180514DELI195.jpg

180514DELI196.jpg180514DELI191.jpg

MAY 3RD WEEK DELIVERY (SH*T KICKER)

2018.05.17 UPDATE  |  NEWS

180515shit1.jpg

-SH*T KICKER-
ディレクター GORE-TEX、デザイナー CICCIO 数々のブランドを手がけてきたチームの手によるキックスフリークの心に深く突き刺さるデザイン 旬のキックスに合わせたカラーリング、細部に至るまでの高品質を常に追求した物作りを具体化して行く。
本物志向 本当のストリート発のウェアブランドとしてスタイルを最大限に引き出すブランド。

180515item3.jpg

180515item1.jpg

180515item4.jpg

-SH*T KICKER- N*TRO SH***T W-PRINT SLANTING LOGO HOODY / BLACK x WHITE

180515item2.jpg

180515item5.jpg

BLACK x BOLT YELLOW

ARCHIVE

2018年

 ・2018年7月 (24)
 ・2018年6月 (45)
 ・2018年5月 (41)
 ・2018年4月 (46)
 ・2018年3月 (51)
 ・2018年2月 (42)
 ・2018年1月 (37)

2017年

 ・2017年12月 (46)
 ・2017年11月 (45)
 ・2017年10月 (45)
 ・2017年9月 (46)
 ・2017年8月 (42)
 ・2017年7月 (39)
 ・2017年6月 (38)
 ・2017年5月 (40)
 ・2017年4月 (40)
 ・2017年3月 (42)
 ・2017年2月 (38)
 ・2017年1月 (36)

2016年

 ・2016年12月 (44)
 ・2016年11月 (46)
 ・2016年10月 (48)
 ・2016年9月 (50)
 ・2016年8月 (46)
 ・2016年7月 (46)
 ・2016年6月 (45)
 ・2016年5月 (53)
 ・2016年4月 (48)
 ・2016年3月 (45)
 ・2016年2月 (43)
 ・2016年1月 (41)

2015年

 ・2015年12月 (49)
 ・2015年11月 (46)
 ・2015年10月 (49)
 ・2015年9月 (49)
 ・2015年8月 (41)
 ・2015年7月 (48)
 ・2015年6月 (53)
 ・2015年5月 (52)
 ・2015年4月 (54)
 ・2015年3月 (51)
 ・2015年2月 (38)
 ・2015年1月 (35)

2014年

 ・2014年12月 (56)
 ・2014年11月 (61)
 ・2014年10月 (56)
 ・2014年9月 (46)
 ・2014年8月 (48)
 ・2014年7月 (56)
 ・2014年6月 (45)
 ・2014年5月 (54)
 ・2014年4月 (53)
 ・2014年3月 (46)
 ・2014年2月 (45)
 ・2014年1月 (36)

2013年

 ・2013年12月 (46)
 ・2013年11月 (49)
 ・2013年10月 (57)
 ・2013年9月 (53)
 ・2013年8月 (57)
 ・2013年7月 (46)
 ・2013年6月 (55)
 ・2013年5月 (53)
 ・2013年4月 (47)
 ・2013年3月 (52)
 ・2013年2月 (48)
 ・2013年1月 (38)

2012年

 ・2012年12月 (48)
 ・2012年11月 (45)
 ・2012年10月 (52)
 ・2012年9月 (51)
 ・2012年8月 (47)
 ・2012年7月 (42)