HOME > BLOG > DELIVERY INFO

BLOG - DELIVERY INFO

BLOG - DELIVERY INFO

HAPPY NEW YEAR!!

2018.01.02 UPDATE  |  NEWS

171228itrem01.jpg

明けましておめでとうございます。

本年もBACKWOODS BOROUGH及び、BACKWOODS BOROUGH ONLINEを宜しくお願い申し上げます。

本日1/2(火)より、BWB WINTER SALEを開催。

-WINTER SALE-

171231BWB1.jpg

BACKWOODS BOROUGHで取り扱い中の下記3ブランドで開催。

2012HSsale.jpg2012BCsale.jpg2012PRLsale.jpg



対象商品はALL 50%OFF!!

WINTER SALEのアイテムはBWB ONLINEでも購入可能。

※SALEアイテムの販売は店頭とオンラインを並行しておりますので、ご注文のタイミングによっては、在庫がご用意できない場合がございます。予めご了承下さい。

また、BackChannelの新作も多数入荷!

-BackChannel-

AMSTERDAM PULLOVER PARKA

AMSTERDAM SNAP BACK

ZIG ZAG T

17FWBC1sam1.jpg

17FWBC1sam3.jpg17FWBC1sam2.jpg

-THE WAY TO BACKWOODS BOROUGH-

A : JR HARAJUKU STATION
B : BACKWOODS BOROUGH

4-28-18 JINGUMAE SHIBUYA-KU TOKYO
PHONE : 03-3479-0420
OPEN : 12:00~20:00

スタッフ一同ご来店、ご注文お待ちしております。

DEC 5TH WEEK DELIVERY (BWB MUSIC)

2017.12.30 UPDATE  |  DELIVERY INFO

1229.jpg

BACKWOODS BOROUGH MUSICに新たなタイトルが入荷。

dmf01.jpg

- DMF - A life of DMF

色々と降らせながら街を騒がす「DMF」より、サウスサイド川崎が世界に誇るラッパーA-THUGのSPECIALなMIXTAPE ALBUMがリリース。存在自体がスペシャルなラッパーA-THUG。「GOD MALVERDE」に引き続きリリースとなる今作品はDMFとして手を組むJ-SCHEMEによるBEST OF A-THUGと言える内容。DMFとしての新曲である最高の2曲「KILO」「PACKAGE」を収録。本人のシャウトとDJ J-SCHEMEによるMIX。MIXTAPE ALBUMというのは最高にいけているHIP HOPのオリジナルなフォーマットだ。洋服屋やストリートで、MIX CD屋という独自の場所で捌かれるMIX CDの持つ最高の空気感。「LIFE OF DMF」は正にそれだ。2000年代を懐古するわけではない(今も最高のMIXTAPEは出てるからね)。でも言わせてもらうけど、ストリートリリースっていうのはこういう危ない作品。車でも家でもそのCDを入れたら野蛮に騒げる作品。今回はオフィシャルストリートリリースという形でお送ります (普通にレコード屋でも買えるように)。

-TRACKLIST-
01. PACKAGE / DMF
02. KILO / DMF
03. EVERYDAY / A-THUG
04. FREEZE CITY / A-THUG
05. MOLLY WEED COKE / A-THUG & DAPPA DAME
06. DOGGIES GANG / A-THJUG & KNZZ
07. IN MY KITCHEN / A-THUG & 林鷹
08. TOKYO DRIFT / DAPPA DAME & A-THUG
09. DOGGY DOG / DOGGIES & A-THUG
10. THUG PASSION / DMF
11. RUNNIN' / A-THUG & DJ KENN
12. THE GAME IS STILL COLD / FEBB & A-THUG
13. REALITY / A-THUG, DJ KENN & KEN-U
14. RUNNIN' pt.2 / FEBB & A-THUG
15. DMF ANTHEM / DMF
16. PAIN / A-THUG, DJ KENN & 林鷹

maccy01.jpg

- J.COLUMBUS - NORTH TOKYO SOUL TAPE

WDsoundsのレーベルオーナーでもある自身のソロ名義 "J.COLUMBUS" でのアルバムがストリートリリース。今までに作ってきた曲の再録、REMIXと新たな曲という構成になっていて、日々の出来事を残酷に優しく編み込んだHIP HOP作品集。

最近はJ. COLUMBUSと会うと小説の話ばかりしてる気がする。キジ・ジョンスン、ボストン・テラン、"キャサリン・ホイール"は超Dope...。ラッパーは詩人に例えられることもあるけど、J. COLUMBUSはきっと小説家の方に近いと思う。僕らの会話に出てくるみたいにスペシャルで、"短篇をまとめられるような小説家"。「誰でも人生で一冊は小説が書ける」っていう話があるけど、J. COLUMBUSは濃厚な短篇を書き続ける。彼自身のストーリーをラップし続ける。街の風景、StruggleとChill out、仲間とMuseと嗜好品。遊びもトラブルも正しさも全部普通にある。だから真実、だから特別。意味と価値のあるライフのストーリー。街をぶらつく時の歩幅、ソファーに沈み込むようにリラックス、バーカウンターで少し大きくなる声。気負いを感じないのが叩き上げのベテランの語り口。散りばめられた比喩と固有名詞はグルーヴしていく、引用には新しい価値が生まれる。多彩なトラックは少しずつ変化するシュチュエーションとフロウにフィットする、背景には収まらない存在感で言葉に寄り添う。情景が浮かびあがると、言葉自体の魅力も増していく。参加したラッパー達は新しい言葉と視点を持ち込むし、ジャケットを描いたアーティストもきっとこの物語には登場している。ライフが表現される、特別なストーリーがまとめられる。そこに全部ある。これはラップとJ. COLUMBUSにしかまとめられないストーリー、"解決"しない物語。完璧。だから、小説家の例えも多分少し違っていて、本当は何かに例えなくてもJ.COLUMBUSはスペシャルなラッパーだし、このラップ・アルバムはクラシック。でも、もし「最高の短篇集とは?」っていう質問があったとしたら、「このアルバムみたいな短篇集」っていう答えようかな。洒落てると思うし、きっと的も得てる。次に、「今最高のアルバムは?」って訊かれたら、答えは「J.COLUMBUSのNORTH TOKYO SOUL TAPE 」勿論、そう決まってる。( W&I / RIVERSIDE READING CLUB )

-TRACK LIST-
01. MAKING THE HISTORY (feat. 仙人掌) / prod. febb
02. G (feat. 仙人掌 & KING104) / prod. doooo
03. PERFECT MEAL / prod.febb
04. 雨上がりのHOME / prod.MASS-HOLE
05. YANAMI (RUDEBOY REMIX) / prod. QUIETDAWN
06. THURSday WORDS / prod. I6FLIP
07. A BOY ON THE CORNER (feat. CENJU) / prod. STUTS
08. KING'S BROTHER / prod. DJ HIGHSCHOOL

1, 6, 8 MIXED BY NAOYA TOKUNOU
2 MIXED BY doooo
7 MIXED BY STUTS
3, 4 MIXED BY ODORI COLUMBUS
5 MIXED BY QUIETDWAN

RELEASE WDsounds
MASTERS BY NAOYA TOKUNOU
ARTWORK BY NOISE

DEC 5TH WEEK DELIVERY (PRILLMAL)

2017.12.29 UPDATE  |  DELIVERY INFO

171123prillmaltop.jpg

-PRILLMAL-

STAY FLY !!! : ZIP HOOD

TRADITIONAL !! : HOOD SWEAT

GOOD TIME !! : CREW NECK SWEAT

deli01.jpg

deli02.jpg

deli04.jpg

deli03.jpg

deli05.jpg

STAY FLY !!! : ZIP HOOD / BLACK

deli06.jpg

GREEN APPLE

deli07.jpg

deli08.jpg

CHACOAL

deli09.jpg

deli10.jpg

deli11.jpg

deli12.jpg

TRADITIONAL !! : HOOD SWEAT / NAVY

deli13.jpg

BLACK

deli14.jpg

杢GREY

deli15.jpg

deli16.jpg

deli17.jpg

GOOD TIME !! : CREW NECK SWEAT / 杢GREY

deli18.jpg

GREEN

prillmal締め.jpg

-PRILLMAL-

DEC 5TH WEEK DELIVERY (-Hide&Seek-)

2017.12.26 UPDATE  |  NEWS

171226.jpg

-Hide&Seek-

HARD CORE Sweat Parka

171226deli1.jpg

171226deli2.jpg

171226deli3.jpg

171226deli4.jpg

171226deli5.jpg

-Hide&Seek-HARD CORE Sweat Parka / ORANGE

171226deli6.jpg

171226deli7.jpg

BURGUNDY

171226deli8.jpg

171226deli9.jpg

NAVY

171226SS1.jpg

-Hide&Seek-

DEC 4TH WEEK DELIVERY 2 (BWB MUSIC)

2017.12.21 UPDATE  |  NEWS

1113.jpg

BACKWOODS BOROUGH MUSICに新たなタイトルが入荷。

111.jpg

-TEK- SKIN ON TRIAL

ニューヨーク ブルックリンのHIP HOPレジェンドにして日本でも多大な影響を与えてきたグループSMIF-N-WESSUNの2MCの一人。BOOT CAMP CLIKのMCの中でも最も玄人筋からのプロップスが高いTEKの初となるオフィシャルアルバムが日本先行にてリリース。
 「SKIN ON TRIAL」のタイトルからも連想される通り「BLACK LIVES MATTER」、黒人が抱える問題やストリートライフに向き合ったヘビーな側面を持つ作品であり。それでいてユーモアを失わないラップというアートフォーム、HIP HOPの未来を感じさせる作品でもある。
 何より制作の後半は日本にバトンが渡され、BESの16小節が完璧なまでに挿入されたREMIX。ENDRUNによるOSAKA TO NYなREMIX。(この2曲はREMIXと表記されてますがオリジナル楽曲は未リリースなので、これらがオリジナルと言える。)MASS-HOLEによる表題曲「SKIN ON TRIAL」のREMIXはお互いの高みを押し上げる。
 16FLIPのトラックにTEK、ISSUGIが共演するまさにREAL DEALな曲はこのアルバムのハイライトの一つ。
 様々な流れがHIP HOPを通して合流して大きくなっていく。だって BOOT CAMP CLIKと一緒に作品を作ってるんだぜ。

-TRACKLIST-
01. Skin On Trial
02. Tripping man
03. Money & Power
04. Let 'Em Lay feat. Black Rob
05. Bury You
06. Cold World ( SO COLD REMIX ) feat. BES
07. Shake & Bake
08. Bright Lights
09. JET LIFE ( THE END REMIX ) prod. ENDRUN
10. REAL DEAL feat. ISSUGI prod. 16FLIP
11. Skin On Trial ( CHAMPION REMIX ) prod. MASS-HOLE

17121ffff111.jpg

ARCHIVE

2018年

 ・2018年4月 (40)
 ・2018年3月 (51)
 ・2018年2月 (42)
 ・2018年1月 (37)

2017年

 ・2017年12月 (46)
 ・2017年11月 (45)
 ・2017年10月 (45)
 ・2017年9月 (46)
 ・2017年8月 (42)
 ・2017年7月 (39)
 ・2017年6月 (38)
 ・2017年5月 (40)
 ・2017年4月 (40)
 ・2017年3月 (42)
 ・2017年2月 (38)
 ・2017年1月 (36)

2016年

 ・2016年12月 (44)
 ・2016年11月 (46)
 ・2016年10月 (48)
 ・2016年9月 (50)
 ・2016年8月 (46)
 ・2016年7月 (46)
 ・2016年6月 (45)
 ・2016年5月 (53)
 ・2016年4月 (48)
 ・2016年3月 (45)
 ・2016年2月 (43)
 ・2016年1月 (41)

2015年

 ・2015年12月 (49)
 ・2015年11月 (46)
 ・2015年10月 (49)
 ・2015年9月 (49)
 ・2015年8月 (41)
 ・2015年7月 (48)
 ・2015年6月 (53)
 ・2015年5月 (52)
 ・2015年4月 (54)
 ・2015年3月 (51)
 ・2015年2月 (38)
 ・2015年1月 (35)

2014年

 ・2014年12月 (56)
 ・2014年11月 (61)
 ・2014年10月 (56)
 ・2014年9月 (46)
 ・2014年8月 (48)
 ・2014年7月 (56)
 ・2014年6月 (45)
 ・2014年5月 (54)
 ・2014年4月 (53)
 ・2014年3月 (46)
 ・2014年2月 (45)
 ・2014年1月 (36)

2013年

 ・2013年12月 (46)
 ・2013年11月 (49)
 ・2013年10月 (57)
 ・2013年9月 (53)
 ・2013年8月 (57)
 ・2013年7月 (46)
 ・2013年6月 (55)
 ・2013年5月 (53)
 ・2013年4月 (47)
 ・2013年3月 (52)
 ・2013年2月 (48)
 ・2013年1月 (38)

2012年

 ・2012年12月 (48)
 ・2012年11月 (45)
 ・2012年10月 (52)
 ・2012年9月 (51)
 ・2012年8月 (47)
 ・2012年7月 (42)