HOME > BLOG

BLOG

BLOG

OCT 1ST WEEK DELIVERY 2 (BackChannel)

2017.10.06 UPDATE  |  NEWS

-BackChannel-

SOUL OVER MIND FULL ZIP PARKA

COLLEGE LOGO T

DENIM JOGGER PANTS

17FWBC10sam7.jpg

17FWBC10sam8.jpg

17FWBC10sam11.jpg

DELIVERY INFO

2017.10.05 UPDATE  |  NEWS

17FWBC10deli20.jpg

-BackChannel-SOUL OVER MIND FULL ZIP PARKA / BLACK

17FWBC10deli23.jpg

17FWBC10deli18.jpg

WINE

17FWBC10deli21.jpg

17FWBC10deli19.jpg

NAVY

17FWBC10deli22.jpg

171006SP1.jpg

17FWBC10deli26.jpg

-BackChannel-COLLEGE LOGO T / BLACK (REFLECTOR)

17FWBC10deli27.jpg

17FWBC10deli25.jpg

MIX GREY

17FWBC10deli24.jpg

WHITE

17FWBC10deli33.jpg

-BackChannel-DENIM JOGGER PANTS / BLUE DENIM

171006SP2.jpg

店頭、オンライン共に10/6(金)12:00より販売開始。
ご来店、ご注文お待ちしております。

PRESS INFO (SPECTATOR)

2017.10.05 UPDATE  |  PRESS INFO

20170930カーリー02.jpg

SPECTATOR最新号が発売。

スペクテイター40号

定価=1000円(税別)
発行=有限会社エディトリアル・デパートメント
http://www.spectatorweb.com/


◉特集:カレー・カルチャー

絶品カレーの味は一日にして成らず。
あの話題の一皿は、いかなる紆余曲折を経て完成したのか?
あの人気のカレー店が開業するまでには、どんな出来事があったのか?
日本全国に急増中のインド料理/カレー専門店。なかでもとりわけ個性的な味で人気を集めている個人店のシェフを徹底取材! これまで語られることのなかった、カレー皿の奥に隠れている味のあるエピソードを集め、じっくりコトコト時間をかけて、とっておきのストーリーに仕上げました!
読めばいっそうカレーの味が楽しめるに違いない「カレー・カルチャー」特集、どうぞ、お楽しみに!

◎カレーの歴史をたどる

◎インド & カレーのA to Z

◎スパイスカレーってなんだ?/南インド料理がなぜ流行る?

文/森好宏(宮城県仙台市「あちゃーる」店主) 漫画/UJT

◎カレーの国のエクソダス 取材・文/三田正明

*ダバ★クニタチ(東京都国立市)店主・須田竜
*虎子食堂・カレー屋まーくん(東京都渋谷区)店主・まーくん
*妄想カレー ネグラ(東京都杉並区)店主・大澤思郎 & 近藤麻衣子
◎デリー発、イミズスタン行 富山カレートリップ 取材・文/ワダヨシ+和田侑子

◎個性派カレー店主たちは、どんなことを考えているのか? 取材・文/赤田祐一

*beet eat(世田谷区喜多見)店主・竹林久仁子 「うちのカレーはマクロビオテックの考えがベースになってるんです」 *JAY(山形市)店主・由利三 「私はインド料理に生かされているだけ」 *愛のカレー研究所(秋田県)店主・村上祐子 「結局カレーは人に喜んでもらうための手段の一つに過ぎないんです」

◎「潜入 カレー事情聴取」 漫画/清本一毅

◎「漂流社、カレーはじめました」 漫画/川崎昌平

◎「博士のカレー」漫画/関根美有

◎カレーショップは現代の大衆食堂である 文・遠藤哲夫

◎カレーの島田さんが語る、レトルトカレーの華麗なる世界 文・パリッコ

20170930カーリー01.jpg

BackChannelの広告も掲載されています。

SPECTATOR40号は全国の書店にて発売中。

SPECTATOR : http://www.spectatorweb.com/
Facebook : https://www.facebook.com/spectator.jp

OCT 1ST WEEK DELIVERY (BWB MUSIC)

2017.10.05 UPDATE  |  NEWS

170517BWBMUSIC01.jpg

BACKWOODS BOROUGH MUSICに新たなタイトルが入荷。

GRADISNICE-_YOUNGMAS01.jpg

-GRADIS NICE&YOUNG MAS-L.O.C (Talkin Bout Money)

GRADIS NICE & YOUNG MAS、待望のジョイントアルバム登場!!

DOGGIES / DMF / Fla$hBackS...様々なプロジェクトを同時進行で進めながら、ソロとしての作品制作、ライブ活動も活発化しているYOUNG MAS(Febb)。今作は、NY、ブルックリン在住のプロデューサーであるGRADIS NICEがトータルプロデュースを担当。(「Music Hustler」のみDj Scratch Niceがプロデュースを担当。)GRADIS NICEの持ち味であるソウルフルでオーセンティックなテイストと、最新のUSサウンドがMIXされた最新鋭なトラックに、YOUNG MASが現実と構想をリアルな言葉で綴り、先天的な資質でアップデートを重ねた中毒性のあるRAPを乗せる。NYのエンジニアであるJohn Sparkzがミックス&マスタリングを行ったことで、ダイナミックかつ奥行きのあるサウンドに仕上がった。HAVIT ART STUDIOが手掛けるジャケットアートワークにも注目してほしい。1プロデューサー、1ラッパーというごまかしが利かない状況で、互いの実力をぶつけ合い制作されたこのアルバムは、まさに聴き応えのあるベストな作品といえるだろう。

TRACK LIST :
1. #NewDayInAGame
2. Roc A Fella (Re Edit)
3. Quiet Money
4. Music Hustler produced by Dj Scratch Nice
5. Military Tactics
6. Arab Money
7. The First
8. King Of Kings
9. Kingdom
10. Yellow x Black
11. Swisher
12. #Don'tForgetIt


PROFILE : GRADIS NICE
Gradis Niceは元々ヒューマンビートボクサー(AFRA、啓、K-MOON)として10代の頃から活動。ヒューマンビートボクサー時には世界中の大型フェスティバル(Spain sonar festival、Australia big day out、ノルウェー公演、モスクワ公演)にて様々なアーティストと共演、De La Soul、Kanye West、Lupe Fiasco、Stone Roses全英ツアーサポート。M.I.A.ツアーサポート。コカコーラTVコマーシャル、Diplo等がプロデューサーとして参加したアルバム等をavex recordからリリース後、活動休止。K-MOONはその後本当に自分の作りたい音楽を作るべくGRADIS NICEと改名しBuddha BrandのNIPPS率いるSEXORCISTで楽曲制作を再開する。そして日本のラップアルバムを数枚(ディスコグラフィー参照)プロデュースした後、渡米。現在NEW YORK,BROOKLYNを拠点に活動。そして先日NEW YORKで行われたIstandard主催のビートバトルでは優勝するなど精力的に活動中。

PROFILE : Febb As Young Mas
東京出身。1994年生まれ。2009年、高校1年生の頃に自身が主催したパーティーでDJとして活動を開始。その頃に知り合ったYoung DrunkerやAdams Campなど現在にも繋がる人脈を獲得する。その人脈から、噂が噂を呼び、中野ヘビーシックや池袋ベッドなどでDJをするようになる。またその頃にはトラックも作っていて、Young Drunkerのムタにビートを提供したりする。2011年5月、自身初となるフィジカル作品である、リミックス集"3000"をリリース。また同時期にAdams Campの"enter the vo.ku."というepをリミックスしたEP"FLIPPED SHIT"をリリースする。Boot Streetのチャートで一位を獲得するなど、功績を残す。"FLIPPED SHIT"には初めてとなるラップも収録され、話題を呼ぶ。その頃から着手し始めていたJJJとのユニット、Fla$hBackSでの活動を徐々に開始し、また2011年11月にはTetrad The Gang Of FourのSperbらとのグループ、Cracks Brothersとして"straight rawlin'"をリリース。自身のトラックと自身初となるソロ曲が収録され、各方面から注目を浴びる。様々な企画などへのトラック提供を経て、2013年にはFla$hBackSとして"FL$8KS"というアルバムをリリース。アメブレイクCo-Signの第一弾アーティストとして抜擢されるなど、セールスのみでなく活動の記録を残す。2014年1月にソロアルバム、"The Season"をリリース。故Dev Largeから、10年に一度のラップアルバムと好評を得る。その後は役所広司主演、映画「渇き」という映画にてFla$hBackSとして挿入歌を手掛けるなどヒップホップシーンに留まらずその名と活動の幅を広げる。2017年3月29日にリリースされた2ndアルバム、"So Sophisticated"には、ブルックリンはEAST NYのレジェンドAZをフィーチャー(!!)した話題曲「Angel」を含む12曲を収録。V DONやLUCA VIALLIといった気鋭のUS勢のプロデューサーの参加に加え、ラッパーではBOOGZ BOOGETZ, KNZZ, A-THUG, B.D., 敵刺など流石のメンツをフィーチャー。話題沸騰中のヤングブラッドが満点に詰まった確かなヒップホップの作品である。現在は、DOGGIES(KNZZ, FEBB, J-Scheme)にA-ThugをプラスしたDAWG MAFIA FAMILY="DMF"で、ラッパー集団としてでなく、ストリート部隊、デザイナーを包括したレーベルとしての動きも始動。海外、日本の垣根を超えたワールドワイドな非常にドープなムーヴメントの第一線に立つ、ふてぶてしいヤングブラッド。それがFebb As Young Mas.He wavy,u already kno!!!

EVENT REPORT (GRAFVERSITY "DIVERSE GRAFFITI")

2017.10.04 UPDATE  |  NEWS

grafversity-01.jpg

Grand opening party and a group exhibition by LETTERING AVENUE
"GRAFVERSITY" -DIVERSE GRAFFITI-
Organized by LQID

2017.9.15(FRI)〜2017.10.1(SUN) @Basement GINZA

171002GF3.jpg

171002GF4.jpg

FELIPE PANTONE(ES)www.felipepantone.com

171002GF24.jpg

DEMSKY(ES)www.jdemsky.com

171002GF9.jpg

ZEDZ(NL)www.zedz.org

171005BWB1.jpg

171002GF16.jpg

171002GF6.jpg

171002GF21.jpg

Imaone(JP) www.imaone.com

171002GF25.jpg

SUIKO(JP)www.suiko1.com

171002GF29.jpg

171002GF17.jpg

WON ABC(DE)www.wonabc.com

171002GF32.jpg

171002GF31.jpg

171002GF22.jpg

171002GF2.jpg

171002GF19.jpg

171002GF1.jpg

171002GF27.jpg

TENGAone(JP)www.instagram.com/tengaone

171002GF28.jpg

SAWE(ES)www.saweartwork.com

171002GF23.jpg

171002GF11.jpg

171002GF30.jpg

171002GF12.jpg

171002GF5.jpg

171002GF26.jpg

171002GF13.jpg

GERMAN RIGOL(ES)germanrigol.tumblr.com

171002GF15.jpg

過去記事はアーカイブからご覧ください。

ARCHIVE

2017年

 ・2017年10月 (30)
 ・2017年9月 (46)
 ・2017年8月 (42)
 ・2017年7月 (39)
 ・2017年6月 (38)
 ・2017年5月 (40)
 ・2017年4月 (40)
 ・2017年3月 (42)
 ・2017年2月 (38)
 ・2017年1月 (36)

2016年

 ・2016年12月 (44)
 ・2016年11月 (46)
 ・2016年10月 (48)
 ・2016年9月 (50)
 ・2016年8月 (46)
 ・2016年7月 (46)
 ・2016年6月 (45)
 ・2016年5月 (53)
 ・2016年4月 (48)
 ・2016年3月 (45)
 ・2016年2月 (43)
 ・2016年1月 (41)

2015年

 ・2015年12月 (49)
 ・2015年11月 (46)
 ・2015年10月 (49)
 ・2015年9月 (49)
 ・2015年8月 (41)
 ・2015年7月 (48)
 ・2015年6月 (53)
 ・2015年5月 (52)
 ・2015年4月 (54)
 ・2015年3月 (51)
 ・2015年2月 (38)
 ・2015年1月 (35)

2014年

 ・2014年12月 (56)
 ・2014年11月 (61)
 ・2014年10月 (56)
 ・2014年9月 (46)
 ・2014年8月 (48)
 ・2014年7月 (56)
 ・2014年6月 (45)
 ・2014年5月 (54)
 ・2014年4月 (53)
 ・2014年3月 (46)
 ・2014年2月 (45)
 ・2014年1月 (36)

2013年

 ・2013年12月 (46)
 ・2013年11月 (49)
 ・2013年10月 (57)
 ・2013年9月 (53)
 ・2013年8月 (57)
 ・2013年7月 (46)
 ・2013年6月 (55)
 ・2013年5月 (53)
 ・2013年4月 (47)
 ・2013年3月 (52)
 ・2013年2月 (48)
 ・2013年1月 (38)

2012年

 ・2012年12月 (48)
 ・2012年11月 (45)
 ・2012年10月 (52)
 ・2012年9月 (51)
 ・2012年8月 (47)
 ・2012年7月 (42)