10,000円以上(税込)のお買い上げで送料無料!

HOME BLOG JULY 2ND WEEK DELIVERY (BWB MUSIC)

BLOG

JULY 2ND WEEK DELIVERY (BWB MUSIC)

2020.07.06 UPDATE  |  NEWS

190307BWBMUSIC1.jpg

BACKWOODS BOROUGH MUSICに新たなタイトルが入荷。

EbvMtQjUYAA4g54.jpg

DAYS IN OUR STEPS 2 MIX CD - BUSHMIND

少し前まで、世界は未曾有の脅威に直面してた。それは人間にとっての脅威というだけの話で、中国の大気汚染は改善されたし、空の色は確かに変わった。ベニスではイルカがよく見られるみたいだ。

人と会う機会が激減したことにより、 自己を見つめ直す機会が増えた。

運良く感染を免れた僕は思う。どうしてあの人達は死ななければいけなかったのかな。匂いを通すマスクでウイルスを防げるのかな。映画や読書、音楽を聴く時間が増えたな。友達に会いたいな。ウイルスにも命や意思はあるのかな?第二子の出産には立ち会えなかったな。NICUにも一度も行けなかった。

学のない僕にはこのウイルスが何者で、何を齎したかったのかよくわからないけど、この空白の期間、大切な人にすら会えない時間を埋める手段として、本や映画、音楽、芸術全般がすごく役に立ったということは解った。

それらは、このウイルスが発生する以前に作られたものであり、その 過去 が 現在 の心に安定を与えてくれる。どう上手く伝えれば良いのかわからないけど、何かを作り出すという行為の重要さを改めて理解した気がする。その上で、今回ISSACのFIRST ALBUM - RESUME -とBUSHMIND NEW MIX - THE DAYS IN OUR STEPS の作品を同時に発表しようと思います。とても良い作品だぜ!今、この作品を発表するという過去が、きっと未来にも良い影響を及ぼすはずだぜ!

まだ完全に終わった訳では無いし、未だに最前線での活動を強いられる医療従事者、関係者の皆様方には本当に頭が下がります。ありがとう御座います。ご苦労様です。

取り敢えず、以前の世界とは違うのだから、誰もが皆、良い人とか悪い人とか関係なしに、少しだけ良い行いをすれば良いともうよ!

TRACK LIST

01.Spra / Ignition (instrumental)

02.Main Ingredient / Everybody Plays the Fool

03.Dandy Livingstone / I'm Your Puppet

04.Marine Girls / Honey

05.Tommy James & The Shondells / Crimson & Clover

06.Solid Space / Radio France

07.Grems / Préface

08.Mark Goldenberg / Captain Kidd In London

09.Luna / Dream Baby Dream

10.AceMo & Ari Finkel / Vss

11.Blue Asia / Pule 'o Pu'umai

12.Yo La Tengo / Big Day Coming

13.sugar plant / 13

14.UG Noodle / A Couple (Bushmind Remix)

15.Sora / Revans

16.Folk Magic / Angel Baby

EaeCtf9U8AIEdnM.jpg

RESUME - ISSAC

豊潤なキャリアから生み出された、新時代を生き抜く奇跡のMETHOD。千葉出身のヒップホップユニットROCASENより、ISSAC(アイザック)が待望のソロアルバムをリリース。

ROCKASENISSACRCよりリリースとなったこのアルバムは。日常からGOODにもBADにも広がって行く夢のような。ISSACの大きな体がサイケデリックに様々な形になって時に詳細に語りかけて来るような作品だ。景色が変わるというよりは普段見ている景色の形やコントラストが変わって行くような作品だ。このRESUMEと題された作品を聴けば "その体験" が出来る。こんなすごいアルバム早々聴けないよ!!!!

KASAPONEDJを始めたことをきっかけに、それならばRAPPERをと、14歳で初ステージを踏む。今は無き千葉CLUB GRAND ROOTS。爆音の密室、暗がりに立ち込める煙に混じる色々な匂い、妖しい光の波がフロアを包み込む。エロ本から飛び出してきたような、キレイなお姉さま達と、大体悪そうなグレたお兄さま達を目の前にして、"オレが1"的なことをRAPしたあの夜から、20年以上RAPし続けてきた。ROCKASEN関連作品や数々の客演作品はあれど、ソロアルバムは自身初となる。タイトルは「RESUME」。読み方と意味は、動詞と名詞で二通り。レジュームまたはレジュメ。20年という時の流れは、それ相応の経験と結果をもたらしてくれた。その結果、"オレは2"だった事に気付き、世界中の2番な兄弟姉妹達に向けた「NO.2」を筆頭に、千葉の同志CHAPAH(GAME BOYS)をフューチャーした「VICTIMS」では、企業バーサーカーと化した相見積もりの鬼達へモラルハザードの警鐘を鳴らし、まさに"レジュメ(履歴書)"なるPV曲「SOMEBODY SAID」では、自身の表裏のキャリアを振り返り、ほぼミラクルで何とかなってきた約20年間を以て、令和を生き抜く奇跡のメソッドを提唱しており、夢を売るRAPPERにとって、身も蓋もないような現実を綴った楽曲が中心だが、最終的に救いのあるポジティブなオチを全曲に備えており、己を積極的に肯定しつつ、どこかで客観することは、時代をサバイブするにあたって、最も重要な行為として結論付けている。トラックメイカー陣には、BUSHMINDを中心に、DJ HIGHSCHOOLOWLBEATSMAD KRANKEを迎え、客演陣には、前述のCHAPAHに加え、RCslumMIKUMARIMC KAHZZ、海外からM.O.Pを招聘し、盟友MIKRIS共にフィナーレを飾る。マスタリングはAZZURRO氏が担当。心地よいうねりが、更なるインパクト、グルーヴを生み出した。『RESUME/ ISSAC 最高にクールな友、ATOSONE率いる名古屋のレーベル、RCslumより満を持して登場。

10
曲目にブルックリンのレジェンド M.O.P.が参加しているのに驚く。が、それだけではない。ISSACのファ ースト・ソロ・アルバムはビートとラップが、日本語ラップ/トラップ/ブーム・バップという既存の形式にと らわれていない。ヴィンス・ステイプルズ『Big Fish Theory』がそうであるように、まずリズムとサウンドが刺 激的だ。ROCKASEN のメンバーであり、本作の多くのビートを制作する BUSHMIND の存在も大きいのだ ろう。サイケデリック・B・ボーイの異名を持つ BUSHMIND は近年、テクノをプレイする DJ スタイルを追求し ている。そんな彼の鮮やかなビートをはじめ複数のビートメイカーのビートと、(言葉だから)意味もあるが、 意味よりは音としてのユニークさを優先するかのような ISSAC のフロウとの相互作用がスペーシーな音像 を作りだす。ヒップホップの自由を感じる 1 枚だ。"F"

TRACK LIST

01. A Bright Side To Slum / Prod. BUSHMIND

02. No.2 / Prod. BUSHMIND

03. Make It Positive / Prod. DJ HIGHSCHOOL

04. BXXCHAN / Prod. BUSHMIND

05. VICTIMS
(feat. CHAPAH from GAMEBOYS) / Prod. BUSHMIND

06. Give Me Back
(feat. MIKUMARI, MC KHAZZ) / Prod.OWLBEATS

07. #somebodysaid / Prod. BUSHMIND

08. BLUE SPACE / Prod. BUSHMIND
]

09. Interlude / Prod. BUSHMIND & ISSAC

10. The Faster Life
(feat. M.O.P & MIKRIS / Prod.MAD KRANKE, Arranged by ISSAC

200706bushmind1.jpg

Bushmind (SEMINISHUKEI)

Twitter : @bushmind
instagram : @bushmind