HOME BLOG DELIVERY INFO

BLOG DELIVERY INFO

FEB 2ND WEEK DELIVERY(PRILLMAL)

2023.02.05 UPDATE  |  NEWS

171001prillmaltop.jpg

0205b03.jpg

0205b02.jpg

0205b04.jpg

0205b01.jpg

-PRILLMAL-

CHILLIN' !! : NYLON HOOD JACKET

MAROON × NAVY

0205b06.jpg

NAVY × OLIVE

0205b05.jpg

BLACK × GREY

BLOG0205.jpg

-PRILLMAL-

JANUARY 4TH WEEK DELIVERY(Back Channel)

2023.01.27 UPDATE  |  NEWS

-Back Channel-

DRY PULLOVER PARKA

NYLON TRACK PANTS

SWEAT PANTS

0124B02.jpg0123P08.jpg0123P07.jpg

JANUARY 4TH WEEK DELIVERY (PRILLMAL)

2023.01.22 UPDATE  |  NEWS

0382018b04c7ec57c51717e492dda83f0b79c9ac.jpg

0122b03.jpg

0122b01.jpg

-PRILLMAL-

CHILLIN' !! : ZIP UP HOOD SWEAT

杢GREY

0122b02.jpg

BLACK

0122b04.jpg

-PRILLMAL-

JANUARY 3RD WEEK DELIVERY(Back Channel)

2023.01.20 UPDATE  |  NEWS

-Back Channel-

POLARTEC HOODED BOA JACKET

ZIP SWEAT

AMSTERDAM SNAPBACK

0116b06.jpg0116b07.jpg0116b08.jpg

JANUARY 3RD WEEK DELIVERY (BWB MUSIC)

2023.01.15 UPDATE  |  NEWS

181101BWBMUSIC1.jpg

BACKWOODS BOROUGH MUSICに新たなタイトルが入荷。

0115p01.jpg

Cenju & Yahiko / Neighborhood Presented by DJ Highschool

Shan2のBGMは決まってレゲエだ。たぶんロックステディが多い。10人ほどで満員になる店内には、十分すぎるほどの本格的なサウンド・システムが整っている。『CAKEZ』に収録された"夜の帳 feat. OI & 仙人掌 prod. DJ HIGHSCHOOL"を聴けばわかるように、レゲエはCENJUのエッセンスの1つだ。UNKLE FISHが参加し、ラガフレイバーが前面に押し出された Tr.1「Barter」 で、CENJUとYAHIKOはルードに正しくそれが"偽物"か"本物"かを問いかける。混ぜるのも禁止だ。快楽の追求に(やりすぎなまでに)本気な彼らにとってそれは圧倒的な判断基準であると同時に、退屈な日常を極上に浄化させるユニークなものさしでもある。『Neighborhood』にはそんな正気と狂気を行き来するような世界が広がる。奇怪に脈動するバウンスが効いていて、不穏に浮遊感あふれ、ときにやさしいサウンドはDJ HIGHSCHOOLらしさ全開だ。D.U.O Tokyoから盟友ERAとOS3の客演も抜群である。オーセンティックなスタイルを突き通しながら、詩を立体的に、まるで言葉たちに導かれるように組み立てていくYAHIKOのラップはヒップホップに不可欠。フロウを柔軟に操るCENJUのリリックはシニカルで容赦ないが、なによりも正直である。それからすこし深く踏み込んでいくと、極彩色に吸い込まれそうな日常がすぐ隣にあることがわかる。そして"リアルが条件"のストリートで生きてきた男は、ときに内省的に、普遍的な不安を吐露する。だが、そういうときにも、家族は支えになる。Shan2に行けば、誇れる仲間たちに会える。CHIYORIが「誰も咎めないよ もうとっくに」と歌い上げるように、この作品がうつむいた顔をあげろと語りかけてくれる。

-Track List-

1. Barter feat. Uncle Fish (ex-Sky Fish)

2. Where U From?

3. Highgrade

4. Serotonin feat. Original Steve

5. Unsign

6. Special Time feat. ERA

7. Kinou No Mae Ni8. Memories feat. Chiyori

PROFILE : Cenju
1981年生まれ。DOWN NORTH CAMPのオリジナルメンバーであり、何かのフィクサーともアクターとも言えるかもしれない。居たり居なくなったりを繰り返しながらも、詩的なリリックでリスナーの想像を膨らませる。ISSUGI のALBUM「Thursday」での「The HAND (LEFT HAND RMX)」でのフューチャリングQROIXの「MUZIK MAKES ME FLY」での「クロトラリリ」「Too much MrPUGのALBUM「P-SHOCK」での「not enough」またYOUTUBEでのSLACKとの「Mr.Vansman」、QROIXとの「KELAKELA」などで話題を呼び、2013年に遂に1stアルバム「Thanks God, It's fly day」をリリース。滅多にステージに上がらないHYPE MANであったCENJUはリリース後、確実にポイントをおさえながら、ステージに上がり騒ぎ、場を騒がしている。東京で最も注目を浴びているラッパーの1人と言っても何の差し支えも無いであろう。

PROFILE : Yahiko
1998年HAKUCHUMU(MC YAHIKO、MC MACHABO、DJ 尾島)結成。後にMACHABOが脱退し、同じ高校で知り合った仙人掌とタッグを組みTOKYO CITYを中心にLIVE活動。それからしばらくYAHIKOのマイクロホン病きっかけに白昼夢、活動休止。2007年、社会放浪の旅を終えて「ROCK SHOCK」の曲でDOWN NORTH CAMPにCOMEBACKする。 2008年、に待望の1st ALBUM「Akashic Dubbing」をDogear Recordsから発表。 翌年、シンガーCHIYORIの1st ALBUMに客演。2012年、書道家、柿沼鬼山、MADISM(DVDMIX)に参加。YAHIKO、ソロとしてはDOWN NORTH CAMP関連の曲に参加。最近ではMANTIS「Word of Mouth」に参加。DJではトラスムンド限定でMIX-CD「KUCHIBILL」を投下。そして2013年、16FLIP vs MASS-HOLE「 Akashic Dubbing Remix」、HAKUCHUMU/EP「 SEVEN SEVEN NINE THREE」をリリース。

PROFILE : DJ Highschool
aka Sonetorious。東京のDJ/トラックメイカー。2003年頃よりなんとなくトラック制作を開始。その後、Seminishukeiと出会い、ふわっと加入。DJとしての活動をそれとなく展開するとともに、ERA、O.I.とともにD.U.O. TOKYOのラッパー"OS3"としても適宜活動している。またBushmind、StarrburstらとBBHを、DJ Bisonと共にFoot Clubを結成するなど割と色々ユニットもやっているみたい。リリースも一応結構出していて、各種mix CDやビート集の"Bedtime Beats"シリーズ、そして2015年4月、"DJ HIGHSCHOOL"名義としては初のアルバム『MAKE MY DAY』をリリースしたらしい。2018年6月にはMC Khazzと"I'm Ya Boy"ってEPもリリースしたんだって。2021年3月にもERAと"Daily Tales"ってやつを出した模様。たまに色んな人にトラック提供も行ってるっぽい。