HOME BLOG NEWS

BLOG NEWS

Back Channelの定番オリジナルスウェット

2023.02.07 UPDATE  |  ITEM

8.jpg

USAコットンによる日本製オリジナルボディ

タフでドライな素材感を持ちながらも、
気の利いたメイドインジャパンのクオリティーを兼ね備えた
Back Channelオリジナルスウェット。


下記で詳しくご紹介。

2.jpg

糸から別注するこだわり

原料であるUSAコットンをオープンエンド糸へ加工する工程はアメリカで行われている。

一般的なオープンエンド糸は短く太い繊維で紡績されているが、
Back Channelでは、通常よりも長い繊維で紡績する事で、
オープンエンド糸特有のザラつきのあるドライな素材感を残しながらも、
毛羽を抑えたソフトな一面も併せ持つオリジナル糸を採用。

1.jpg

ジャパンメイドのクオリティー(編み立て)

日本で行われる糸を生地へと編み立てる工程。

オリジナル糸で編み立てられた生地の表面は、ハリがあり、ざっくりとしたドライな素材感を持つ。

スウェットでよくありがちな、インナー衣類に繊維クズが付いてしまう問題は、
染色前に裏地の起毛作業を行なう事で解消済み。

また、仕上げに防縮加工をかけているので、
洗濯による縮みや型崩れが起こりづらい仕様となっており、
気にせずガシガシ洗えるタフな生地感が○
※乾燥機の使用にはご注意を



4.jpg

5.jpg

ジャパンメイドのクオリティー(縫製)

生地からボディへと縫い上げる工程では、
全ての縫製箇所に、2本針のカバーリングを施す事で強度を高めており、
また、縫い代を潰しているので、肌への接触や着脱時の引っかかりが少ない着心地の良い仕上がりに。

G3.jpg

レギュラーとヘビーの展開

長年Back Channelの定番として君臨するレイヤードでも使いやすい
【レギュラー/10.5oz】

ヘビーウェイトで重厚感あるタフな着心地の
【ヘビー/12.5oz
を展開中。

7.jpg

着てみればすぐに他との違いがわかる
Back Channelのオリジナルスウェット。

是非チェックしてみてください。

OUTER COLLECTION

2023.02.06 UPDATE  |  NEWS

1.jpg

-Back Channel-STADIUM JACKET

耐水性と耐久性を備えたシンセティックレザーを採用した

BACKWOODS BOROUGHのみで展開されるリミテッドアイテム。

2.jpg

-Back Channel-NANGA HOODED DOWN JACKET

優れた防水性と透湿性を備えた

Back Channel × NANGAの別注ダウンジャケット。

3.jpg

-Back Channel-COVERALL JACKET

耐久性と保温性を兼備し、

見た目の印象より軽量で耐久性にも優れた

カバーオールジャケット。

4.jpg

-Back Channel-N-1 DECK JACKET

独特の光沢を放つオイルタッチコーティングを施した

高級感ある仕上がりの中綿入りデッキジャケット.

BLOG0206.jpg

JACKET / OUTER

FEB 2ND WEEK DELIVERY(PRILLMAL)

2023.02.05 UPDATE  |  NEWS

171001prillmaltop.jpg

0205b03.jpg

0205b02.jpg

0205b04.jpg

0205b01.jpg

-PRILLMAL-

CHILLIN' !! : NYLON HOOD JACKET

MAROON × NAVY

0205b06.jpg

NAVY × OLIVE

0205b05.jpg

BLACK × GREY

BLOG0205.jpg

-PRILLMAL-

RUN THE WORLD feat. A-THUG, BES / MANTLE as MANDRILL  

2023.02.04 UPDATE  |  NEWS

RUN THE WORLD feat. A-THUG, BES / MANTLE as MANDRILL    

Lyrics by: A-THUG , BES

Produced by: MANTLE as MANDRILL

Recorded by:  Triangle Recording Studios (A-THUG) / 57Move at ODORI (BES)

Mixed & Mastered by: I-DeA for flashsounds at FLS5th lab

Editor: OjBeert 
(A-THUG New York scene shot by maemon
/ Bes Tokyo scene shot by OjBeert 
Assistant by JA$ON)

地を這うドラム、鳴り響く汽笛。ストリートの上にはA-THUGとBES。ニューヨークと東京。巡り行く景色を自分の景色へと変えて行く。英語と日本語、祈りとスピット。ブルシットを捨てて世界を駆け抜けていく。ようこそ、こちらは、QUEENS BRIDGEを超えて少し行ったところにある「MANTLE MAD WORLD」。
text by COTTON DOPE

Drums crawling on the ground, steam whistles ringing.  A-THUG and BES on the street.  New York and Tokyo.  Change the scenery that goes around to your own scenery.  English and Japanese, Prayer and Spit.  Throw away the bullshit and run through the world.  Welcome, this is "MANTLE MAD WORLD", which is a little further than the QUEENS BRIDGE.
 text by COTTON DOPE    

閉店のお知らせ

2023.02.03 UPDATE  |  NEWS

いつもBackwoods Borough をご利用いただき、ありがとうございます。

当店は2023年2月26日(日)をもちまして、閉店することになりました。
当店に足を運んでくださった皆様、お買上げいただいた皆様、本当にありがとうございました。

今後は自社ECサイト及び全国のBack Channel取扱店での販売となります。

引き続き皆様のご愛顧よろしくお願いいたします。

B0203 のコピー.jpg